メスキノコBLOG

ぽんこつギャルバンドのメンバーによる ぽんこつな日記・・・ライブinfoなども。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最果て

umi.jpg


こんな夢を見た。

私は彼と、いつもの仲間たちと酒を飲んでいた
一応見慣れた酒場だったが、その日は普段来ない友人や知らない人たちも混ざって飲んでいた。
もう明け方三時過ぎになっていて、私は彼の翌日(もう当日になっているわけだが)の仕事の心配をして時計を気にしていたが、次の店へ行こうという話が出たので
私たちは朝日が昇り始めた寒い朝に再び店を出て次の憩い場を探し始めたのだった。
表に出るとそこは見慣れた街ではなかった。
入り組んだ路地には所狭しと若者が通いそうなモダンな飲み屋があり、ちょうど高円寺か下北沢のようであり、もしくは寂れた田舎町の小路のようでもある不思議な路地であった。
私たちは内壁に青の落書きが描いてある(どんな模様だったかは忘れたのだが)呑み屋へ入った。
ドアも外壁も無い店で、ふらっと入って一、二杯ひっかけて、ふらっと出れる立ち飲み屋のような店だ。
そこで何分、何時間居たのかは分からないが、気づいたら彼と二人になっており、私は「そういえばこの店、昔来たことある!」等と騒いでいた。どうやら数年前に旧友と訪れたことがあるらしく、内壁の青い模様で思い出したようだ。
この時、時間はおそらく朝五時くらいだろう。肌を刺す寒さと朝の臭いでそう判断できた。
店を出た私達は帰ろうとしなかった。
静かで人気のない路地ではあるが、薄明かりにランタンの灯るお洒落な店が立ち並んでいて暫く歩き回った。そして重い扉をがらがらと開けて、和風居酒屋風の、ある店へ入った。
そこで私たちは個室に入り「ここはそういう店なのだな」と判断しする。畳一帖程しかない狭い部屋の中で絡み合うわけだが、私はやっぱり扉の向こうの店員が気になってしょうがないのだ。
そうこうしているうちに外のベンチに財布の入った鞄を忘れたことに気づき、店を出た。
しかしそこには股引をはいた禿頭のおじさんが私たちの財布の中から金を抜き取っていた。おじさんにつかみかかる私。その後どうなったか不明であるが、
気づいたら禿げ頭のおじさんも、彼もいなくなり、私は細い路地を一人で歩いていた。
時間は夕方に近づいていて茜色の空が遠くに見え始めていた。
先ほどから歩いていた小汚い白壁の路地をどんどん下っていくと、左手に海が見え始めた。
そうかここは港町だったんだ!と歓喜した私は、海を見てから帰ろうと決心する。
海の見える方へ歩くと、とある民家の庭にあたった。
海岸に近いその庭の芝生の上では老若男女が遊びまわっていて、日曜日の公園のような賑わいだった。
そして海へ出る。
波は数メートル近く高い、大荒れである。不思議なことに、大変危険な大波であるのに子供たちは海へ出て遊んでいる。
黒い砂浜が異様に不気味であるが、いよいよ茜色に染まり始めた空と大荒れの海の対比が実に美しくもあったのだ。
季節は冬であるのになぜかサンダルを履いている私は、おそるおそる波打ち際に近づき、浅瀬の中でカメラのシャッターを押し続けた。飛び跳ねた水でカメラをずぶ濡れにしないよう気をつけながら。
さて、黒い砂浜を後にする私の前に、大きな海老が現れる。小路へ戻る堤防の途中にいるのだ。
いや、これは生きてはいない、飾り物だろうと分かったものの、私の体三つ分ある巨大な海老の剥製がこちらを向いているので、
「この目の前のハサミでやられたら膝から下がスパッと切れてしまうんだろうな」と想像していた。
海沿いから離れて再び小汚い白壁の道へ戻った私だが帰り道が分からないことに気がついた。
焦ると同時に、知らない土地へやってきた高揚感からとにかく歩き出してみようという気持ちになり、
見知らぬ道をどんどん進んでしまう。
すると目の前に、木漏れ日が差し込む曲がりくねった下り坂が現れた。引き寄せられるようにそちらへ降りていくと途中に古い建物が。
映画「トトロ」のサツキとメイの家に似ているもので、ところどころ白い塗装は剥げ、壁にヒビも入っていてガラスの向こう側は埃にまみれているようなので今は使われていない廃墟だと分かった。
そして正面の壁には「○○CITY」もしくは「○○STATION」と描かれている。
文字が剥げていてうまく読み取れないのだが「長浜STATION」と見えて。こんなとことろに長浜?いや違う”あかはま”と読むのか?と首を傾げた。
私は再び歩き始めた。帰り道の分からぬ不安を抱えながら。



ここで目覚まし時計のベルが鳴り


目が覚めた。




------------------------------------
12月17日(金)メスキノコ3番目に出ます

「GENKI to ROCK!!」

open 18:00/start 18:30

ticket adv\1500/door\1800

KIMIBOKU
太平の虎
ぬ界村
トヨ
RUBE RACIES
メスキノコ
----------------------------

スポンサーサイト
  1. 2010/12/15(水) 07:06:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メスキノコ2010ライブ履歴 | ホーム | 西国分寺で急に寒くなって>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mesukinoko.blog76.fc2.com/tb.php/46-f2854352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メスキノコ

Author:メスキノコ

メスキノコのホームページはコチラ


ギャルたちのプロフィール等 見れます。

-現在事情によりメスキノの次回ライヴは未定ですが、ブログは更新していきたいです‐
※野笛とタイヂは活動してます
野笛とタイヂHP

【NEW】メスキノコ通信
第1回

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
音楽 (40)
文学 (8)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

にくきゅう

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。