メスキノコBLOG

ぽんこつギャルバンドのメンバーによる ぽんこつな日記・・・ライブinfoなども。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

散文

その日は感傷的だった

人が怖くなればなるほど、わたしは傲慢になった
やさしくしようとするほど奢り高ぶった
わたしは汚く、浅ましい、酷く卑しい人間だったのだ

孤独な鳩が一匹、沼に沈んだカラスが二匹
太陽が落ちて、千本のモミの木が空へと矢を立てた
冬でもなく、春でもなく、人でもなく、自分でもない
安全で健全な狂乱があった
キーはA

わたしはだらしない関係の代償を払うことを常に恐れていた
自分が不潔でしょうがないのだ

「どうか お願いだから僕に傷ついてくれ」

呼吸をやめた千個の眼がこちらをむいている
わたしを縛り上げているのだ

飛び立つのは誰だ

わたしは底なし沼に堕ちる
体中にからみついて離れない、逃げられない
どくどくと流れる血潮のうめき声
溶け出したプラスチックの、粘液の、腐った匂い
頭を出してはすぐに引っ込んでいる地獄
焼け焦げたチキンの匂い
ひじについた黒インキ
切り裂かれた落葉樹の裸体
せめてもの弔い、無人のハナムケ


最後に口づけを
そしてわたしは永遠の眠りについた
わたし以外の 誰も失わないうちに
スポンサーサイト
  1. 2009/04/19(日) 20:44:32|
  2. 文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秩序の反乱 | ホーム | 混沌と困惑と恍惚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mesukinoko.blog76.fc2.com/tb.php/15-6597bff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メスキノコ

Author:メスキノコ

メスキノコのホームページはコチラ


ギャルたちのプロフィール等 見れます。

-現在事情によりメスキノの次回ライヴは未定ですが、ブログは更新していきたいです‐
※野笛とタイヂは活動してます
野笛とタイヂHP

【NEW】メスキノコ通信
第1回

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
音楽 (40)
文学 (8)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

にくきゅう

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。