メスキノコBLOG

ぽんこつギャルバンドのメンバーによる ぽんこつな日記・・・ライブinfoなども。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢の話シリーズ『干潟の家』


目を覚ますと深い緑色に萌える山が目の前にあった。
真緑色の三角の山の下には紺色の湖があった。
車の後部座席で目覚めた私の前を流れる新緑の風景に私の目は冴えてきた。トンネルを越えて、
私たちが降りた場所は、灰色の飛沫を散らしながら進むムツゴロウがいそうな広い広い干潟だった。
反対側には枯れた草ばかりの黄色い畑が広がり、干潟の向こうには目の錯覚を疑うような青い海が見えた。
どろどろとした陽炎が揺らめく不思議な光景にめまいがした。
土埃が舞うあぜ道を進むと一軒の古い木造の家があった。
知り合いと名乗る男は私たちを古い家に招待した。私は知らなかったが私の周りの人達は知り合いのようで
何かもごもごと男と話をしていた。室内は暗くて、湿気にまみれており壁や天井には青カビが生えていて、
とても不気味だった。
一歩進むごとに軋む床は木が所々剥がれていて、同じように一段登るごとにミシミシ鳴る階段を上り私たちは
二階に案内された。
長い階段の途中で男は私たちを止めた。階段の踊り場に小さな蛇口があり、
ホースの先にはシャワーヘッドが付いている。
私たちは順番に並び、服を着たままシャワーで水をかけられた。何かの儀式のようだった。
そしてそのまま濡れた状態で毛布をかけられ、急いで敷いた布団で寝かせられる。
ツンとするカビの匂いに不衛生な毛布、二階のフロアから「このまま泊まろうか」と聞こえた。
嗚呼いやだなぁと思って上を覗くと二階のフロアー奥のトイレの扉がかろうじて見えた。
汚いドアには手のひら位大きな蛾が止まっていて、今夜はトイレは行けないだろうなと考えていた。
それからどれ位の時間が経ったか分からないが私たちは最初に通ったあぜ道を引き返していた。
空は夕焼けで赤く燃えていた。
列の最も後ろを歩く私が気配を感じて振り返るとそこには草むらに隠れて年寄のシスターがジロジロと私たちを見ていた。











--------------------------------------------------
メスキノコ次のライブは3/28武蔵境スタットです
スポンサーサイト
  1. 2015/02/21(土) 13:20:26|
  2. 文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近好きな漫画

syoji.jpg
こんにちわ のぶちゃんです!
ご無沙汰ですね。
今年になってやっと、去年7月に参戦したフジロックの記事を全て書き終えました。
もともと日記魔な私だけあって、自己満足感もりもりの長文です
感情も入り乱れていて、わけわからない文章も多いですが、よければ見てね!

ところで、わたし
漫画はあんまり詳しくないんですが、最近
東海林さだお の漫画にハマっています。
「新漫画文学全集」が図書館においてあって、軽い気持ちで読んだのです。

ぱっと見て、サザエさんみたいな簡単な画風ですが内容がとにかく面白いんですね。
こんな面白い漫画 ほかに無いですよ!
出てくる女性はみんなブサイクなのにエッチだし
社長は真面目に仕事してないし・・・・
思わず「フフッ」と笑ってしまうような内容です。

まあ とにもかくにも 読んでごらんなさいな。

他の作品も多くあるようなので探してみよーーっ


※写真はネットで拾ったものです
  1. 2010/01/21(木) 13:38:45|
  2. 文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秩序の反乱

マイナスのエネルギーこそ覚醒材料
秩序による反乱
モラルのない文章を送りつける
欲しがっていたのは
負の循環
アルコールの不和
恐怖と劣等感
言葉が降りてくる瞬間
死の誘惑
覚醒する人間
  1. 2009/04/27(月) 20:45:32|
  2. 文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

散文

その日は感傷的だった

人が怖くなればなるほど、わたしは傲慢になった
やさしくしようとするほど奢り高ぶった
わたしは汚く、浅ましい、酷く卑しい人間だったのだ

孤独な鳩が一匹、沼に沈んだカラスが二匹
太陽が落ちて、千本のモミの木が空へと矢を立てた
冬でもなく、春でもなく、人でもなく、自分でもない
安全で健全な狂乱があった
キーはA

わたしはだらしない関係の代償を払うことを常に恐れていた
自分が不潔でしょうがないのだ

「どうか お願いだから僕に傷ついてくれ」

呼吸をやめた千個の眼がこちらをむいている
わたしを縛り上げているのだ

飛び立つのは誰だ

わたしは底なし沼に堕ちる
体中にからみついて離れない、逃げられない
どくどくと流れる血潮のうめき声
溶け出したプラスチックの、粘液の、腐った匂い
頭を出してはすぐに引っ込んでいる地獄
焼け焦げたチキンの匂い
ひじについた黒インキ
切り裂かれた落葉樹の裸体
せめてもの弔い、無人のハナムケ


最後に口づけを
そしてわたしは永遠の眠りについた
わたし以外の 誰も失わないうちに
  1. 2009/04/19(日) 20:44:32|
  2. 文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雌茸

野性の本能に身をまかせた明日をも知らぬフリーダムな生活を改めようと誓った瞬間
誓いを破りました
あと数時間で24歳になる。まさかこの日を二日酔いの嘔吐感と確かな熱病とともに迎えるとは思ってなかった

私はやっぱり猿だ
でも そういうサル人間だと諦めるほかない
  1. 2008/05/01(木) 00:00:00|
  2. 文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

メスキノコ

Author:メスキノコ

メスキノコのホームページはコチラ


ギャルたちのプロフィール等 見れます。

-現在事情によりメスキノの次回ライヴは未定ですが、ブログは更新していきたいです‐
※野笛とタイヂは活動してます
野笛とタイヂHP

【NEW】メスキノコ通信
第1回

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
音楽 (40)
文学 (8)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

にくきゅう

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。